So-net無料ブログ作成
検索選択

テレビ録画の進化がうれしい! [テレビ]

今年もCEATEC JAPANが開幕し
各社が最新の技術を披露しているのですが
地味ながらもうれしい進化も
広がっていきそうです。


それはテレビ録画における著作権保護技術
「SeeQVault」
です。


今まではテレビの外付けHDDに録画したものは
録画したテレビでしか再生できなかったのですが
この「SeeQVault」に対応したものであれば
テレビが変わっても再生できるようになります。


万が一テレビに不具合が生じたとしても
問題がなくなるわけです。


2台目のテレビにHDDを付け替えて
再生できたりするので
便利になる人が多いでしょう。


またHDDだけではなくSDカードにも
対応する技術ということで
モバイル機器での再生も容易になり
用途が広がります。


早くも対応のテレビやHDD、ブルーレイレコーダーなどが
発売されるようなので
これからは「SeeQVault」対応の機器を
選択するようにしたいですね。


できれば今のテレビもファームアップなので
対応してくれればうれしいのですが。


「SeeQVault」に関する記事は
■AV Watch

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

4Kへの足がかりになるか…ソニーの4Kチューナ付き「4Kメディアプレーヤー」 [テレビ]

今年から各社一斉に発売されている
4K対応テレビ


まだまだ4K対応というのが現実ですが
ソニーから4Kライフに弾みをつける
「4Kメディアプレーヤー
が発売されました。


FMP-X7.jpg
●4Kメディアプレーヤー FMP-X7


スカパーで放送されている
4K試験放送も受信できるチューナ内臓で
来年の3月に開局予定の
4K専門チャンネルも受信できます。


あくまでもプレーヤーなので本体には録画できませんが
外付けのHDDには録画可能です。


それで価格がソニーストアで
39,880円+税
ということなので
先行しているシャープに比べても
ずいぶんと低価格になっています。


本放送までには他社からも
このような製品が発売されるかもしれませんが
楽しみの幅が広がってくれるのはいいことでしょう!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

さあ、ワールドカップの開幕へ! [テレビ]

今日から6月となり
いよいよワールドカップの開幕が
近づいてきました。


個人的にはテレビを新しくしたこともあって
さらに楽しみが増しています。


待望の4K放送は明日2日から始まるのですが
自宅で4K放送を見ることができるのは
早くてもシャープのチューナが発売される25日以降であり、
その環境を整える人はそう多くはないでしょう。


それでも新しいテレビで見ることができ
うれしく思っています。


今回はブラジルでの開催ですから
極端な深夜のゲームはないようですが
早朝のゲーム観戦が多そうです。


とにかく待ち遠しいですね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

4K放送が俄かに現実化?! [テレビ]

シャープが4Kチューナを搭載した
HDDレコーダーの発売を発表したのに続き
ソニーも夏には同様の商品を発売することを
発表しました。


これでぼんやりしていた
4K放送というものが俄かに
現実味を帯びてきたのです。


とはいっても放送されるコンテンツも少なく
1日数時間程度の試験放送なので
一般的にはあまり関係ないのですが…


それでも放送を見ることができる
インフラが実現することが重要で
これからの4Kコンテンツの
充実に繋がるのではないでしょうか。


あとはパナソニックや東芝なども
これに続くと思われるので
その発表も楽しみです。


タグ:4Kテレビ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ついに4Kチューナが発売へ! [テレビ]

シャープがやりました。
ついに4K放送を受信できるチューナを
発売することを発表したのです。



4K放送は6月2日からスタートするのですが
一般家庭では見る術がなかったのです。



そこに登場したのがシャープの
「AQUOS 4Kレコーダー」
なのです。


TU-UD1000.jpg
●AQUOS 4Kレコーダー TU-UD1000


1TBのHDDも装備されており
4K放送を50時間程度録画可能になっています。



視聴に関しては
スカパーとの契約が必要ですが
試験放送なので無料だそうです。
もちろんアンテナなどスカパー受信に必要な環境は
揃っていなければなりません。



あとはもちろん4Kテレビが必要で
HDCP 2.2/HDMI 2.0対応
であることが必須ですが
今年発売されたモデルであれば
問題ないでしょう。



発売は6月25日で
ワールドカップの終了までには
間に合いましたが
日本のグループステージ最終戦が
6月24日なのでギリギリ間に合いません。



決勝トーナメントに進出すれば
日本戦を4Kで楽しめる可能性が出てきました。



個人的にはパナソニック
4Kテレビを購入したので
パナソニックからも発売して欲しかったですね。



しかしこれは初めての商品ということで
評価しましょう。



価格は120,000円ということで
まだまだ高いですね。
(通常放送の受信、録画もできるようですが)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

パナソニックとソニーの4Kテレビが発売されました。 [テレビ]

今週、パナソニックソニー
新しい4Kテレビが発売されました。


一足早く発売されていた東芝と合わせて
いよいよワールドカップ商戦がスタートです。


ヨドバシカメラでは
各社の4Kテレビを並べて視聴できるようになっており
見比べて検討できるようになっていました。



実際に見比べてみると
発色などかなり違っており
なかなか興味深いものがあります。



個人的にはパナソニックのビエラに
絞って考えようと思っているのですが
他のメーカーも気になってしまいますね…



早く決めたいとは思っているので
今週末にも再度行ってみます。



タグ:4Kテレビ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

テレビを買う決断をする月! [テレビ]

今日から5月ということで
個人的にはテレビを買う決断を
する月となりました。


できるならばワールドカップまでに
新しいテレビを迎え入れたいところです。


各社共に今月には
新しいラインアップが揃うので
決断するにはいいタイミングですが
価格的には高値で買うことに
なってしまいそうです。


GWにはまた量販店で
情報を仕入れて決めていきたいですね。


そう考えるだけでワクワクしてきました!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

4Kの放送開始というけれど… [テレビ]

ワールドカップまであと1ヶ月ちょっととなりましたが
ようやく6月2日から4Kの試験放送が始まることになりました。


とはいえあくまでも試験放送であり
一般家庭で視聴できる可能性は
今のところないようです。


この4Kの試験放送は
CSを活用した衛星放送と
CATV経由での配信となっており
CSの方はアンテナは現状のスカパーのもので
受信できるようですが
チューナがありません。


現在4K対応チューナが発売されるという
情報はどこからも聞こえてきませんので
当面は難しいでしょう。


そもそも放送のちゃんとした規格が決まっていないので
今チューナを発売するのは現実的ではありません。


CATVの方はJ:COMが配信するようですが
こちらも4K専用のSTBが必要であり
それを一般家庭に貸し出す予定はなさそうですから
自宅で4Kというのは難しそうです。


ということでワールドカップの4K放送を
自宅で楽しめる可能性はほとんどないようですが
これからどんな動きが待っているかは分かりません。


これが楽しめるのであればテレビの販売にも
有利にはなったのでしょうが…


早く見ることができるコンテンツを増やすことが重要な課題ですね!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

4K商戦スタートです! [テレビ]

今日は4Kテレビを確認ということで
ヨドバシカメラへ…


各社共に新製品を展示して
アピールしているのですが…


パナソニックだけは
新製品の展示がなく
カタログも古いままでした。


近くのパナソニックセンターでは
しっかりと展示されているのに
間抜けな対応ぶりです。


この書き入れ時のGW商戦に
実機もカタログもないとは
情けないとしかいいようがありません。


ソニーと東芝がしっかりとPRしているだけに
早く対応してもらいたいものです。


そのソニーと東芝の新しい4Kテレビは
さすがのクオリティであり
価格もこなれてきているので
売れそうな気がしました。


個人的にはパナソニックが本命なので
早く追いついて欲しいものです。

タグ:4Kテレビ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

そしてソニーの4Kテレビが発表されました! [テレビ]

パナソニック、東芝ときて
今日はソニーの新しい4Kテレビ
発表されました。


KD-65X9200B.jpg
●KD-65X9200B


ラインアップはCESで発表されたものと同じですので
サプライズはないのですが…


問題はスペックで
アメリカで先行して発売されているものより
劣っているのです。


サイトに掲載されているスペックが正しいとすれば
アメリカで発売されている「X900B」
モーションフローXR960という
4倍速相当のスペックのものですが
今回日本で発売になる
「KD-55X9200B」
はモーションフローXR240という
倍速相当のものにダウングレードされているのです。


まあソニーに関しては以前から
日本向けのスペックが低いことが
議論されていましたが
今回もがっかり仕様は継続されているようです。



サイトの特長項目の記載にも
この部分の情報は省かれています。



実際の絵に関しては
もちろん現物を見ないと判断できませんが
果たして他社に対しての優位性を維持できるのでしょか?


テレビ事業も分社化して
先行きに不安があるソニーですので
いろいろと疑ってしまうのは仕方がないことでしょうが
今回の製品ではちょっと買う気持ちが湧きませんでした。


画質に関しては好みもあるので一概には言えませんが
機能に関してはパナソニックや東芝が一枚上だと感じています。
ということで新しいテレビは個人的にはパナソニックを
本命にして選ぼうかなと考えています。


ソニーの新製品情報は
■プレスリリース ソニー
■ 液晶テレビ BRAVIA ブラビア



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。