So-net無料ブログ作成

東京都の公式Twitterアカウントが凍結されている…?? [Twitter]

新しい都知事が就任されて
いろいろな戦略を展開し始めている東京都ですが、
公式Twitterアカウントの一部が凍結されている
ということでニュースになっています。


東京都は知事の方針によって
各局の公式Twitterアカウントを開設したようですが
それが全て
@tocho_〇〇〇〇〇
というようなアカウント(〇は局名)だったため
スパムを禁止するTwitterの規約に抵触したようです。


現時点でも凍結されているようですが
最終的にはアカウント名を工夫して
規約に沿ったものにする必要があるのでしょうね…


まあ意図したことではないとはいえ
調査不足であったことは否めないところで
何事にもリテラシーは重要だということでしょう。


とにかく今は早く対応を見せてほしいものです!


この件に関する情報は

●IT Media

日本語のハッシュタグが可能に [Twitter]

ツイッターでのつぶやきにとって
大きな役割を果たすのが
「ハッシュタグ」
です。

これまで日本語の使用はできませんでしたが
今日の発表で使えるようになったと
アナウンスされています。

日本語ハッシュタグは
ひらがな、カタカナ、漢字の
使用がOKとなっており、
カタカナは半角でも大丈夫のようです。

もちろん日本語と英数字の混合もOKです。

但し、記号や絵文字は使えないということです。

これでハッシュタグの判別もしやすくなり
日本語環境での使い勝手がよくなりそうです[exclamation×2]


Twitterの波及効果を期待! [Twitter]

震災義援金の申し込みが
Twitterでも開始されました。

世界的に普及している
Twitterですから
その波及効果は小さくない
はずです。

これからの復興のために
必要なものですから
世界中からの支援の
窓口としての効果を
期待したいです。

Twitterの威力が発揮されるように。

固定概念をなくす [Twitter]

Twitterの活用に際しては固定概念をなくしたほうが大きな広がりがあります。

もちろん既成概念も捨て去ってしまっていいでしょう。

Twitterはコミュニケーションだけのツールではありませんし
情報収集だけのツールでもありません。

もちろん人と人、情報をつなぐものではあるのですが
自ら絞りこんでしまう必要は全くありません。

そこに人に、情報に対する関わり方がポイントになってくると思います。

1対1のコミュニケーションに使う必要は別にありませんし
Twitterだけで全てのことを伝える必要もありません。

あくまでもネットワークを張り巡らすものですから
そこに情報をどう流すのか、どう取るのかは手法次第です。

それを考えるのがマーケティングであり
アイディアなのです。

柔軟な頭でチャレンジしましょう!
タグ:Twitter

インフラの強化を決定 [Twitter]

Twitterがサービスの強化および安定化のためのインフラ強化プランを
発表しています。

新たなデータセンターを開設するなどユーザーに影響がでないように
しようという試みは評価できますが、そんなことは当たり前といえば当たり前です。

但し、Twitterのように急激に加速していくビジネスにおいては
サービスが追いつかないということはままあることです。

しかし、グローバルスタンダードな仕組みとなりつつあるサービスにおいて
これを改善しないと大きな痛手になりかねません。

Webのサービスは進化が早く、また展開も急ですので
今のスタンダードがいつまでもスタンダードとは限らないからです。

Webの世界でいつまでも魅力的である続けることは
想像以上に難しいことなのだと思っています。

まあこれはどの世界でも同じで、いわゆる定番といわれる商品は
10%もないでしょう。

その原理はWebサービスでもかわることはありません。

最近、情報収集ツールとしてTwitterを結構活用しているのと
マーケティングへの可能性をまだまだ感じるので
早く安心して使える環境整備を望んでいます。



タグ:Twitter

Twitterと連携! [Twitter]

このブログとTwitterの連携機能をさっそく試してみます。

Twitterはこのブログと関連させるためのアカウントにしました。

今日はIKEAさんがTwitterで顧客に対する情報発信を始めたというニュースや
スバルのレガシィがTwitterを活用したプロモーションを展開するなど
Twitterのマーケティング利用は加速していますね。

なによりリアルタイムでの顧客接点を拡大するには絶好のツールでしょうから。

但し、Twitterだけで全てが解決するわけではありません。

そこにはTwitter効果を活かす仕掛けが必要になってくるでしょうね。

まあそれを考えるのがマーケッター、プランナーの仕事なんですが…

頑張ります!


タグ:Twitter

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。