So-net無料ブログ作成

「iPhone 5」、本体よりも地図が話題に… [Apple]

昨日、発売されたばかりの
「iPhone 5」


当然話題になってはいるのですが
実は本体よりも地図の話題が
沸騰しています。


これは発売前日にアップデートされた
新しいOSである
「iOS 6」
に搭載されているアップルの独自開発の
地図アプリのこと。


今回からGoogle Mapではなく
オリジナルマップに切り替えたのですが
これがとても実用レベルには達していない
酷いものだったということです。



地図に表示される駅や店舗、会社や学校などの
施設の位置や表記が激しく実際とは異なっており
とても知らない場所で使用できるレベルではありません。
中には日本国名でも地名がハングル表記になっていたりと
もはや地図というには程遠いもの…


こんなレベルのものをリリースする
アップルの企業姿勢に問題はあるのですが
そもそもGoogle Mapと決別することが
ベストな戦略だったのかという点にも
大いに疑問があるところです。


いまやお笑いネタにまでなってしまっている
アップルのマップですが
ちゃんと改善されるのかが不安です。


地図は専門の企業とのコラボでもいいので
搭載するのであれば完全を目指してほしいものです。


しかし当面はこれで笑える日が続きそうですが…


この話題はこちら
●iPhoneちゃんねる
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。